04.松代の最近のブログ記事

20190522 -13.JPG 20190522 -15.JPG

 アルビレックス新潟レディースの選手らが22日、十日町市立松代小学校を訪れ、児童らと交流した。

 6月9日に十日町市当間多目的グラウンドで、2019プレナスなでしこリーグカップ1部第5節「アルビレックス新潟レディース対AC長野パルセイロ・レディース」の試合が開催される。これに先立ち、市長表敬訪問の前に地元小学校で交流を行った。

 松代小学校を訪れたのは、奥山達之監督、阪口萌乃(もえの)選手、北川ひかる選手。児童は4年生27人。

 選手らは、手作りの横断幕で出迎えられると、さっそくサッカーボールを使って体を動かした。最初は手でボールを持ち2人1組で体をひねりながらボールを渡し合ったり、慣れてくると足でボールを持ち上げて手でつかんだりと、楽しそうにサッカーに触れ合った。

 最後に行われたミニゲームでは、児童6、7人に対し、坂口選手、北川選手2人で対戦。真剣にボールを追いかけ、順番を待つ子どもたちからは大きな声で声援が飛んだ。

 選手とミニゲームなどを行った稲村知愛莉(ちあり)さん(9)は「サッカーのドリブルは難しかったけど、楽しんでやれてよかった」、ミニゲームでゴールを決めた飯塚大翔(ひろと)くん(10)は「練習はむずかしかったけど、試合で1点入れられてうれしかった」と楽しんだ様子だった。

 交流を終えた坂口選手は「みんな元気がよく盛り上がって楽しかった」、北川選手は「思っていた以上に子どもたちの仲がよく、自分も楽しめたし、みんなサッカーが好きなんだと伝わってきた。これからが楽しみです」と話した。

 6月の十日町での試合については「十日町はピッチの状態もよくいい環境なので、しっかり勝てる準備をしたい」(坂口)、「十日町はよく来る場所。試合ができることに感謝してしっかり勝ちたい」(北川)とそれぞれ意気込みを語った。

 アルビレックス新潟レディースの広報担当者は「地域に根ざすサッカーチームとして、小学校との交流などは積極的に行っている。6月9日の十日町での試合をぜひ応援に来てほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第140回北信越高校野球新潟県大会の組み合わせ抽選会が18日に行われた。

 大会は27日に開幕し、76チームが激突する。上位2校は6月に富山県で行われる北信越大会に出場する。今大会の連合チームは「長岡農業・正徳館・栃尾」と、「吉田・分水」、「塩沢商工・松代・十日町総合」、「有恒・柏崎総合・久比岐」、「高田農・高田商」の5チーム。

 十日町市内の高校の試合日程は、1回戦で十日町が六日町と、2回戦で「塩沢商工・松代・十日町総合」が糸魚川白嶺が対戦する。

 シード校は昨秋の県大会で4強の日本文理、関根学園、新潟南、帝京長岡など。16強が決まる3回戦までは、同じ支部に属する高校同士が対戦する。

【1回戦】
十日町-六日町 悠久山 27日12時30分

【2回戦】
塩松十総-糸魚川白嶺 悠久山 29日14時

※雨天順延等により試合日程が変更になる場合があります

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20190419-11.JPG

 ほくほく線まつだい駅に隣接する「道の駅まつだいふるさと会館」2階に19日、「きくやキッチン」がオープンした。

 きくやキッチンは、地元の農産物を使ったジャムなどの加工食品の製造とレストランを併設した店舗で、神奈川県茅ケ崎市で同じくジャムの加工やカフェを運営する「きくやマルシェ」が手掛け、松代町商工会との縁がきっかけで出店に至った。

 12日には地元関係者を招いてのプレオープンがあり、レストランで提供するメニューの試食などが行われた。道の駅まつだいふるさと会館では2017年11月まで「お食事処常春(とこはる)」が入居していたが、およそ2年ぶりに、地元住民待望の飲食店が開店した。

 メニューは「まつだい蕎麦」や「いちょっぱ汁」、「あんぼ」などの郷土料理のほか、サーモンソテーやしらす丼、焼肉丼などの食事も用意されている。とくに「しらす丼」に使われるしらすは、きくやマルシェがある茅ヶ崎市産のもの。飲み物は甘酒や妻有ビール、地酒などのアルコール類も提供される。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20190219-1.JPG

 1月19日午後4時ごろ、十日町市儀明地内で発生した建物火災で、一人暮らしの高齢女性の人命救助と119番通報、初期消火を行い、被害を最小限に食い止めたとして、対応に当たった男性会社員2名に、十日町消防署から感謝状を贈られた。

 表彰されたのは、十日町市松代在住の相澤貴史(たかし)さん=写真右=と、智幸紀(ともゆき)さん=同左=。二人は兄弟で、兄の貴史さんは地元建設会社の代表取締役、弟の智幸紀さんは同じ会社の社員。

 二人は建物火災を発見した際、近くの道で積もった雪の排雪作業を行っていた。女性が服に火のついた状態で家から出てくるのを智幸紀さんが発見し、服に雪をかけたり叩きながら消火を行った。兄の貴史さんが除雪車をUターンさせて戻ってきたところ、消火活動を行う智幸紀さんに気づき、二人で服についた火を消した。

 その後、女性を保護するため建物内に入ったところ、居間のガラス戸越しに炎が見えたため119番通報し、近くの台所から水を汲み、火元に水をかけ続けて火を消し止めた。

 貴史さんは「おばあちゃんが助かり、大事にならなくてよかった」と話し、智幸紀さんは「感謝状は大変名誉なこと。命が救えてよかった。それに尽きる」と話した。また、智幸紀さんは現役の消防団員、貴史さんは元消防団員ということもあり「消火訓練や心構えなどを学んでいたことも、人命救助や消火活動が冷静にできたことの要因だと思う」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20181225-4.jpg

 全国高校駅伝は23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、第69回の男子(7区間、42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間2分9秒で、2年ぶり2度目の優勝を飾った。第30回の女子(5区間、21・0975キロ)は神村学園(鹿児島)が、1時間7分25秒で初制覇した。新潟県代表の男子・開志国際は初出場ながら24位と健闘、女子・新潟第一は41位、新潟産大付42位と下位に沈んだ。

 男子・開志国際の3区で出場した山本唯翔(ゆいと・2年)=写真=は、十日町市立・松代中学校出身。高校進学とともに親元を離れ、寮生活を送りながら練習に励んできた。

 山本は31位でたすきを受け取ると、レースが動くと言われる8・1075キロの長距離区間を、区間21位の記録となる24分54秒で駆け抜けた。目標にしていたチーム20位には届かなかったが、「24分台で走る」という個人目標は達成した。

 山本は「とても緊張したが沿道でたくさんの方に応援してもらい、全力で最後まで走りきることができた。優勝候補のチームや、5000メートルの自己タイムが早い人がたくさんいたが、自分のペースで最後まで走れた」とレースを振り返り、「同学年、1年生で自分より早い人がいる。この経験を生かして来年は追いつけるように頑張りたい」と話し、来年の全国高校駅伝大会連続出場、個人でのインターハイ出場を目標に誓った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第139回北信越地区高等学校野球大会(平成30年度秋季大会)が行われている。

 12日、十日町総合・松代・塩沢商工連合チームは関根学園と対戦し1-9(7回コールド)、十日町は帝京長岡と対戦し1-4でいずれも敗れた。

■試合結果
塩松十総 000 000 1 =1
関根学園 301 032 × =9

(塩松十総) 村山-高橋
(関根学園) 大越-吉原

■試合結果
帝京長岡 100 002 010 =4
十日町 001 000 000 =1

(帝京長岡) 塚田-寺本
(十日町) 西川-大渕


【PR】
●オラドコマガジン「大地の芸術祭特集」は7/23発行!
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!
●十日町・津南のライブカメラ
●十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
●十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第139回北信越地区高等学校野球大会(平成30年度秋季大会)が行われている。

 十日町総合・松代・塩沢商工連合チームは7日、長岡向陵と対戦し、10-5で勝利した。3回戦の相手は関根学園。

 大会は北支部38チーム、南支部36チーム、計74チームが激突。16強が決まる3回戦までは同じ支部に属する高校同士が対戦し、3回戦に勝利した16チームは再抽選を行い、県大会に進出する。北信越本大会は10月13日から本県で開催。本県からは4チームが出場。

■試合結果
塩松十総 400 021 003 =10
長岡向陵 000 001 400 =5

(塩松十総) 村山-高橋
(長岡向陵) 笠井-小林

■十日町市内の高校の試合日程
2回戦)
十日町-中越 8日・悠久山・11時30分

3回戦)
塩松十総-関根学園 11日・佐藤池・9時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第139回北信越地区高等学校野球大会(平成30年度秋季大会)の組み合わせが決まった。

 大会は9月6日に開幕し、北支部38チーム、南支部36チーム、計74チームが激突する。今大会の連合チームは5チーム。十日町総合、松代は、塩沢商工と連合チームを組む。

 十日町市内の高校では、十日町が中越と、十日町総合・松代・塩沢商工連合チームが長岡向陵と、それぞれ2回戦で対戦する。16強が決まる3回戦までは同じ支部に属する高校同士が対戦する。3回戦に勝利した16チームは再抽選を行い、県大会に進出する。

 北信越本大会は10月13日から本県で開催。本県からは4チームが出場する。

■十日町市内の高校の試合日程
2回戦)
十日町総合・松代・塩沢商工-長岡向陵 7日・悠久山・9時
十日町-中越 8日・悠久山・11時30分

※雨天順延



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180611-1.JPG

 クロスカントリースキーで4年後の北京五輪を目指している、十日町市出身(松代・室野地域)の佐藤友樹選手(24・岐阜日野自動車)に3日、後援会が2回目の支援金を手渡した。

 奴奈川キャンパスで開かれた贈呈式には地元の後援会員が集まり、会長で元松代町長の関谷達治さん(83)から、前回に続き50万円が手渡された。佐藤選手が社会人になった2年前に発足した後援会は現在会員数242人。地元を中心に東京松代会や東京奴奈川会からも参加し、支援の輪が広がっている。

 佐藤選手は旧奴奈川小、松代中、十日町高、早稲田大と進学し、高校と大学では日本一になっているだけに、地元の期待も大きい。

 支援金を手渡した関谷会長は「五輪を目指して頑張って日本代表になってほしい。本人の頑張りの糧になるように皆さんの気持ちを手渡しました」と、佐藤選手の今後の活躍に期待を寄せた。

 佐藤選手は「社会人となってからは結果が出せず悔しいシーズンが続いた。次の北京五輪には出場して応援してくださる皆様の期待に応えたい」と表情を引き締めていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第138回北信越高校野球新潟県大会の組み合わせ抽選会が20日に行われた。

 大会は28日に開幕し、79チームが激突する。上位2校は6月に石川県で行われる北信越大会に出場する。今大会の連合チームは「柏崎常盤・柏崎総合・久比岐」と、「松代・堀之内」、「阿賀野・阿賀黎明(れいめい)・村松・新潟北」の3チーム。

 十日町市内の高校の試合日程は、1回戦で十日町総合が長岡向陵と、松代堀之内が小出と、2回戦で十日町が塩沢商工と小千谷の勝者と対戦する。

 シード校は昨秋の県大会で4強の日本文理、北越、中越、新潟明訓など。16強が決まる3回戦までは、同じ支部に属する高校同士が対戦する。

【1回戦】
十日町総合-長岡向陵 佐藤池 28日9時
松代堀之内-小出 佐藤池 28日11時30分

【2回戦】
十日町-塩沢商工と小千谷の勝者 佐藤池 30日9時

※雨天順延等により試合日程が変更になる場合があります


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

▼TOPページを表示

logo.gif

2019年5月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ