道の駅まつだいふるさと会館に待望のレストラン

20190419-11.JPG

 ほくほく線まつだい駅に隣接する「道の駅まつだいふるさと会館」2階に19日、「きくやキッチン」がオープンした。

 きくやキッチンは、地元の農産物を使ったジャムなどの加工食品の製造とレストランを併設した店舗で、神奈川県茅ケ崎市で同じくジャムの加工やカフェを運営する「きくやマルシェ」が手掛け、松代町商工会との縁がきっかけで出店に至った。

 12日には地元関係者を招いてのプレオープンがあり、レストランで提供するメニューの試食などが行われた。道の駅まつだいふるさと会館では2017年11月まで「お食事処常春(とこはる)」が入居していたが、およそ2年ぶりに、地元住民待望の飲食店が開店した。

 メニューは「まつだい蕎麦」や「いちょっぱ汁」、「あんぼ」などの郷土料理のほか、サーモンソテーやしらす丼、焼肉丼などの食事も用意されている。とくに「しらす丼」に使われるしらすは、きくやマルシェがある茅ヶ崎市産のもの。飲み物は甘酒や妻有ビール、地酒などのアルコール類も提供される。

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2019年4月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ