服部勇馬・弾馬兄弟が凱旋報告、2日

 十日町市で生まれた陸上長距離選手、服部勇馬(トヨタ自動車)・服部弾馬(トーエネック)兄弟が2日、当市を来訪し凱旋報告する。2人は元日のニューイヤー駅伝にエントリーしており、翌日の来訪とあってその結果にも期待が高まる。

 兄の勇馬は先日、福岡国際マラソンで日本歴代8位の好記録で初優勝し、一躍時の人となった。2020年東京五輪の代表選考会で、来年9月15日に開催するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場することが決まり、東京五輪の出場に地元の期待がかかる。

 一方、弟の弾馬は、6月に行われた日本陸上競技選手権大会の男子5000メートルで優勝。前回のニューイヤー駅伝ではルーキーながら1区を任され、惜しくも競り負けたが、最後のデッドヒートは観客や視聴者を魅了した。

 関口十日町市長は定例会見で「お二人の活躍は、市民に大きな夢と感動を与えてくれた。お出迎えの際は、大勢の市民の皆さんから集まっていただき、両選手を盛大に激励したい」と、市民に参加を呼びかけた。

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2019年1月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ