建設業の魅力を中学生へ「土木出張PR」

20181204-13.JPG

 十日町市内の中学生を対象に行われてきた「土木出張PR」が先月30日、川西中学校で行われ、2年生50名が参加。各業界の魅力を伝える講話や、測量機器、ドローンの操縦体験が行われた。

 今年度4校目となる同事業。十日町地域振興局、新潟県建設業協会、建設コンサルタンツ協会、新潟県測量設計業協会が、若者への建設業の魅力発信を目的として行われてきた。

 体験を終え、代表の男子生徒は「建設業は僕たちの生活に深く関わっていて、絶対必要な存在だと感じました。僕は以前から土木建設業に興味があって、さらに興味が湧きました」と、楽しそうに話した。

 十日町地域振興局地域整備部の山井さんは「地域を支えている建設業について、まず中学生のみなさんに知ってもらって、興味を持ってもらいたい。いずれ担い手になってくれたらうれしい」と期待を込めた。

 昨年度から全県で建設業のPRが本格的にスタート。今後も中学校へPRを行っていく予定だ。
人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ