クロアチア五輪委、十日町市を事前キャンプ地に決定

20181127-12.JPG

 新潟県十日町市がクロアチア代表チームの2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ地に選ばれた。27日、市とクロアチア五輪委員会が協定を締結した。

 調印式では、クロアチア五輪委のズラトコ・マテシャ委員長が署名。現在内定している競技は、陸上、柔道、空手、テコンドー、自転車、射撃の6種目。市はキャンプ中の選手らの宿泊費や食費、滞在中の国内交通費などを負担し、全面的にサポートする。来夏までには基本合意書を結びたい考え。

 関口市長は「本当に素晴らしい日を迎えることができ、感無量。選手の皆さんが最高の環境で調整でき、2020年の東京五輪・パラリンピックで、クロアチア選手が大いに活躍し、クロアチアと十日町市の交流が将来に向かって、次の世代にも発展していくよう心より祈念する」と話した。

 日韓W杯のキャンプ地として始まったクロアチアとの縁がつながっている。今後、サッカーも五輪出場が決まれば、十日町市が事前キャンプ地となることが有力視される。

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ