LPガス協会が防災訓練

20181029-1.JPG

 新潟県LPガス協会十日町支部が、今年で4回目となる「LPガス中核充填所稼働訓練及び防災訓練」を14日、新潟サンリン株式会社十日町営業所(高山塚下)で行い、支部員、十日町市、警察、消防、高山地区振興会などが参加した。

 十日町営業所は平成26年に中核充填所に指定されており、通信網が破壊された場合でも通信できる衛星電話、ガス自家発電設備、ガス自動車を備えており、県内では7ヶ所が指定されている。

 訓練は大地震が発生した想定で行われ、中核充填所の自立型LP発電機による電力供給、LPガス容器への充填、LPガスと防災機材などを避難所へ搬送。今回は高山地区の春日公園が仮想の避難所に指定されており、搬送後LPガスを接続し、炊き出しの訓練も行われた。

 新潟県LPガス協会十日町支部の金子支部長は「みなさんが安心、安全に過ごしていただけるような仕組みになっている。もしもの時に問題が起きないように訓練を行っている。今後も継続して行っていく」と話した。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年11月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ