松隆会が11回目のボランティア作業

20180920-1.JPG

 株式会社丸山工務所と協力事業所からなる「松隆会」(しょうりゅうかい・加盟数70社)が18日、地域貢献の一環として上野保育園でボランティア作業を行った。

 11回目となるボランティア作業に、17名の職人が参加。毎年、市内の保育園や小中学校などから事前に要望を聞き、児童、園児が使う遊具を施設をボランティアで整備、修理してきた。今回は上野保育園で外部柵のペンキ塗り、木製柵の交換、園庭の草刈り、側溝さらいなどを行った。

 上野保育園、篠原裕子園長は「昨年から様々なお願いをしていて、ほとんどのことを叶えてもらえた。綺麗な環境の中で77人の園児全員がすくすくと育ってほしい」と感謝の気持ちを述べた。

 松隆会会長の児玉義昭さんは「お金をかけずに、職人の技術の高さを活かし作業をしている。保育園は女性職員が多く、男手が必要な箇所を中心に作業を行った。園児たちに仕事を見てもらってかっこいいと思ってもらい、将来の夢になってほしい」と語った。



人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年10月のカレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ