災害から身を守れ!越後妻有防災プログラム

20180711-2.JPG

 越後妻有防災ネットワーク協議会が主催する「越後妻有防災プログラム2018」が、6月30日に小中一貫校・まつのやま学園で開催された。

 防災に対する意識を高めることを目的とした内容で、防災士による講演のほか、濃煙・消火訓練や起震車体験など、災害時の対応を実際に体験する「体験プログラム」と、災害時の映像を見ながら対策を学ぶ「授業プログラム」を行った。

 まつのやま学園の全児童と生徒、保護者や地域住民らも参加し、班に分かれて様々な体験をした。

 模型を使って土石流の仕組みを学ぶプログラムに参加した生徒は「(土砂が流れる様子を見て)川の近くに家があると危険なんだと思った。ダムがあると土砂が流れてこなかったのですごいと思った。土砂災害が起きそうになったら川から離れるようにしたい」と感想を話した。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年7月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ