十日町で27日まで、きものの街のキルト展開催

20180523-5.JPG

 第14回きものの街のキルト展が、12日から27日まで開催されている。

 12日、十日町商工会議所で開会式と表彰式が行われた。2018きものの街のキルトコンテストは、和布部門が64点、フリー部門が61点の計125作品の応募があった。きものの街のキルト展は34団体のキルトサークルが参加し、うち10団体が韓国からの参加。約1千点のキルト作品が市内で展示されている。
 
 和布部門の作品「初秋」で金賞を受賞した吉澤静子さん(77)=写真=は「名誉ある賞をいただきありがたい。受賞した作品は1年かけて制作した。着物の柄と持ち味を活かすために、大きめにカットして仕立てた。着物を着る人が少なくなってきたので、古布をキルト作品などににして次の世代に繋いでいくのが自分の使命だと思っている」と話した。フリー部門は秋田県秋田市の長沢昌子さんの作品「夕映えの海」が金賞を受賞した。

 キルトコンテスト入賞・入選作品は十日町商工会議所「エコマール」で展示され、「分じろう」「十じろう」では特設展が行われている。コンテスト作品会場、分じろう、十じろうの3館は共通入場券(500円)が必要。市内各所ではワンコインワークショップも開催されている。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年5月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ