信濃川で水防訓練

20180523-4.JPG

 洪水などの水害が発生した際、被害拡大を防止するための水防技術向上を目的に、水防訓練が17日、津南町・中津川運動公園で行われた。

 十日町市と津南町の消防団員185名と、信濃川河川事務所、十日町地域振興局、十日町市、津南町、十日町地域消防本部の職員や、河川災害応急復旧協定業者が参加した。

 行われた訓練は木流し工法、改良積み土のう工法、ブロック投入工法、内水排除作業の4つ。照明に照らされ小雨が降る中、消防団員や協力業者などが各工法の作業方法や手順を確認しつつ訓練を行っていた。

 信濃川河川事務所十日町出張所の馬場雅明所長は「いざというときに夜間でも作業できるよう夜間に訓練したが、非常に有意義だった。これらの工法が使われるような災害が起きないことが望ましいが、水害が起きた際は今日の訓練を活かし、水防活動にあたってほしい」と呼び掛けた。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年5月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ