村越選手が成績報告 INASスキー

20180330.JPG

 先月25日~3月2日まで、ポーランドのザコパネで行われた「2018 INAS 知的障害者スキー選手権大会」に出場した、日本チームメンバーの村越雄太郎選手(26・十日町市野口・あかね園勤務)が、関口市長に成績報告するため市役所庁舎を訪れた。

 村越選手は今大会、男女ミックスリレーで銅メダルを獲得したほか、男子フリー10キロで11位、男子スプリント1・2キロで10位、男子リレー(3人×2・5キロ)で4位、男子フリー15キロで8位の成績を収め、ミックスリレーで獲得した銅メダルを持参した。

 村越選手は「全種目でメダルを取るという目標があっただけに悔しい気持ちもあるが、今回の大会はすごく勉強になった。今後練習を積み重ね、目標達成したい」と力強く話した。

 村越選手は昨年のINASワールドノルディックチャンピオンシップ男子リレーで、銀メダルを獲得している。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年4月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ