雪国魚沼ナンバー導入で住民アンケート実施

20180219-1.JPG

 十日町市ほか3市2町(南魚沼市、魚沼市、津南町、湯沢町)で導入が検討されているご当地ナンバーについて、同市町で組織する魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会の第2回会議が15日、南魚沼市民会館で開かれ、各地域の住民代表30名からなる推進協議会によって提案された「雪国魚沼ナンバー」について了承するとともに住民アンケートを実施することが決まった。

 会議の冒頭、同会幹事を務める田村正幸湯沢町長が「湯沢町で独自に実施した住民アンケートの結果、『雪国魚沼ナンバーが良い』、『どちらかと言えば雪国魚沼ナンバーが良い』を合わせた31・46%を、『長岡ナンバーが良い』、『どちらかと言えば長岡ナンバーが良い』を合わせた53・95%が上回った」として、実行委員会からの離脱を表明し退席した。

 また十日町市ではこれまでに市民による「住民アンケート実施を求める署名活動」が行われ、2種類の要望書合わせて4754人分の署名が十日町市に提出されている。こうした状況を受けて実行委員の3市1町の首長が意見を交わし、住民アンケート実施を決めた。

 実行委員会会長の林茂男南魚沼市長=写真右=は「アンケートは数で決する投票ではないが、結果を踏まえて判断する」と述べた。今後のスケジュールについて事務局は「速やかにアンケートを作って各市町の住民に送付する。3月9日が追加要望書の県への提出期限であり、取り下げの提出期限でもあることから、それまでには結論が出るのではないかと思う」とした。

 アンケートは魚沼圏域版新ナンバープレート導入実行委員会名で、各市町から18歳以上の住民を無作為に抽出して郵送される。アンケートの数は十日町市、南魚沼市、魚沼市が各3,000、津南町は2,000、合計11,000を2月19日の週にも送付するとしている。

 また各市町の平成29年3月31日現在の登録自動車数は十日町市18,883台、南魚沼市24,022台、魚沼市15,524台、津南町3,662台、合計62,091台。登録台数が50,000台を切ると新ナンバーの申請できなくなることから、3市1町では離脱することなく結束して行動することを確認した。


人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2018年2月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ