「人を呼ぶきものプロジェクト」来春イベント開催

20170616.JPG

 第4回「人を呼ぶきものプロジェクト」勉強会が14、日クロステン(本町6)で開催された。

 この勉強会は、きもの産地全体の活性化を目的として、きものに関する資源を活かし人を呼び込むために、十日町地域振興局が主催して昨年から開催しているもので、来年開催を検討している様々な人が自由に織物工場を見学できるイベント「十日町きもの工房巡り(仮称)」の開催について意見を交換した。

 勉強会には十日町市内の織物業者、着物販売業者、十日町織物工業協同組合、十日町市商工会議所、十日町地場産業振興センター、大学関係者、市、県などから11人が出席。アドバイザーとして参加している東洋大学大学院国際観光学部客員教授の丁野朗(ちょうの・あきら)氏は「個々の企業の収益を越えて地域の収益を生み出す取り組みが必要」と提言した。

 参加者からは「工場見学で経営者か職人が説明役となると、そのあいだ仕事が止まることもあり、頻繁な受け入れはむずかしくなる。きもののことを総合的に説明できるランドオペレーターが必要」といった意見や「協力してくれる大学生に工場見学時のガイドやイベントのネーミングのアイディアを出してもらえないか」、「工場見学のあと、いきなりきものを買うには高価すぎるので、数千円で買えるような商品開発が必要」などの意見が出ていた。

 また十日町地域振興局は「まずイベントを行うという気持ちが大切。振興局としても120%の力で取り組みたい」と、きものを中心とした観光産業の取り組みに意欲を見せた。今回の勉強会では「十日町きもの工房巡り(仮称)」を、来年5月中旬の3日間で開催を目指すことが確認された。来年のイベントに先立ち今秋には首都圏のシニア層をターゲットにプレミアムな価格帯でのモニターツアーも企画されている。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「温泉&ビューティー特集」は5/29発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2017年6月のカレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ