松之山温泉が新ブランドビジョン、目標は「松之山地域のファンづくり」

20170331_3.JPG

 温泉熱を利用した消雪パイプの導入や街路灯の設置など、景観づくりに取り組む十日町市の松之山温泉組合と松之山温泉合同会社まんまが29日、同温泉街の旅館、ひなの宿ちとせで報告発表会を行った。

経済産業省の「地熱理解促進事業」を活用した松之山温泉街の消雪パイプは今冬から本格稼働。地下水を使わず、近くを流れる川から水を引き温泉熱で温めてから散水する仕組み。

この消雪パイプの工事を皮切りに「情緒ある温泉街」をめざし、温泉街オリジナルデザインの街路灯の整備や消雪パイプのポンプ施設外観、ビジターセンターの改装なども行った。蘆田暢人建築設計事務所の蘆田暢人氏=写真右=がデザインを担当した。

また、松之山温泉の今後のブランドビジョン発表も行われ、ブランディングを担当する㈱4CYCLEのフジノケン氏=写真左=は松之山温泉のロゴマークを紹介し「松之山温泉に関わっている人たちは『縁』を大事にしている。その縁と松之山が里山に囲まれているという『安心感』をイメージしている」と説明した。

同時に松之山温泉のビジョンを目に見える情報として伝えるためのウェブサイトを制作。ウェブサイトでは食や暮らしなどの生きた情報を、写真と簡潔な文章で継続的に発信していく予定だ。

松之山温泉合同会社まんまの柳一成代表=写真右から2人目=は「松之山温泉の旅館1軒1軒のターゲットとするお客様が違えど、みんなが同じ方向を見て旅館が動けば地域が変わっていくのではないか。地域を見て動けば循環性・持続性のある観光まちづくりができると考えている」と話した。

松之山温泉のブランディングサイトは29日から公開中。(http://www.matsunoyama-onsen.com/


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「パン&スイーツスタンプラリー」は3/27発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2017年3月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ