十日町地域のそば事業者がへぎそば組合設立 商標登録目指す

20131003.JPG

 2日、十日町市と津南町でそばの製造販売を行っている24の事業者が、「十日町地域へぎそば組合」の設立総会を開催し、組合の設立と本年度中に「十日町へぎそば」の商標登録を目指すことを発表した。

「へぎそば」は小千谷市の業者団体がすでに商標登録していたことから、使用料などをめぐり十日町市と小千谷市の業者が長年対立してきた。「十日町へぎそば」の商標登録については、小千谷市の商業団体と2年前から話し合いを重ね、小千谷側から理解が得られたことを受け「十日町へぎそば」の商標登録出願を年内にも行うことにした。

副組合長の㈱小嶋屋総本店・代表取締役社長・小林重則さんは「十日町市と小千谷市は信濃川が流れ、着物文化があり、へぎそばのつなぎに布海苔を使うなど歴史的にも文化的にも繋がりが深く、両地域の協力で全国にへぎそばを広めていくことや相乗効果が期待できる」と小千谷側との今後の協力関係について期待を示した。

組合としては11月2日、3日には第6回そば王国越後十日町地そばまつりを共催事業として行い、十日町地域の業者の他に小千谷市からも2店舗の参加が決まっている。その他、11月25日にはクロステン(本町6)で設立記念祝賀会を開催。首都圏などで「そばの里とおかまち」をPRするイベントの開催が今後の活動となっていく。初代組合長には蕎麦処田麦そばの福崎平八郎さん、副会長にはsoba処あてまの富井久雄さんと小嶋屋総本店の小林重則さんが就任した。


【PR】
【ハピ婚第二弾!参加者募集中】新潟バスツアー Go!Go!マリンピア
「十日町・津南を元気にする!」トオカマチ☆ウェブORADOKOマガジン10-11月号は「プチ贅沢な日帰りプラン」特集!9月30日発行!
十日町・津南の交通・路線・積雪情報
十日町・津南のライブカメラ




人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!



▼TOPページを表示

logo.gif

2016年6月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ