kids2017_480-180.jpg


エフエムとおかまち主催
オラドコマガジン・キッズモデルオーディション2017!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チラシはこちらをクリック ▶▶▶ チラシPDF
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

参加理由1位は「お子様、お孫様の成長のきっかけ、記念として」。
参加者の感想1位は「子どもの笑顔が見られてよかった!楽しそうだった!」。

オラドコマガジン・キッズモデルオーディションは、地域の子どもたちを笑顔にして、成長のお手伝いをさせて頂きます。
毎年参加も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

十日町・津南に住む、12歳までのお子さんなら誰でも参加可能。
参加者全員に、撮影した写真で作るオリジナルデコボードをプレゼントします。

参加費はデコボードも含めてお一人税別7,000円。定価の約半額と、かなりお得です!

応募締切は4月16日(日)。エフエムとおかまちまで、お早めにお申し込みください。

■電話申込 025-752-7830(平日9-18時)
■メール申込 チラシを参照の上、QRコードを読み込んで必要事項をお送り下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170314-2.JPG

 十日町市の農産品や食材をアピールしようと、一般社団法人十日町地域地場産業振興センターが7日、県内外のシェフやバイヤーを集めて生産者との交流や意見交換を行った。

参加したのは、東京日本橋の高級和食店きく家、JA東京中央会、ホテルメトロポリタン、ホテルニューオータニ長岡など首都圏や新潟県内を中心に17団体。一行は2日間にわたり市内の野菜工場や酒蔵、豆腐工場などを見学した。7日夜にあてま高原リゾートベルナティオで開かれた食材の試食と意見交換会には、市内からファームランド木落、美郷、花水農産、ムラオ、安全野菜、麺工房いしざわといった生産者が参加、シェフやバイヤーに直接製品を売り込んだ。

中にはその場で商談が成立することもあり、各ブースでは熱心な意見交換が続いた。生産者として参加した㈱美郷の代表取締役・富井久雄さんは「我々は良いものを作ることはできますが営業は苦手な部分があり、こういう機会があるのはありがたい」と話した。また㈲花水農産代表取締役の宮内賢一さん=写真左=は「大量生産ができない我々生産者にとって、個別の飲食店を紹介していただくのは良いと思います」と語り、手応えを見せていた。

十日町市松之山地区出身で東京日本橋のきく家・店主・志賀真二さん=写真右=は「十日町市の食材には京都の料理とは違う優しさがあります。十日町市の生産者は手間暇かけて良いものを生産している。もっとアピールしたほうが良い」とアドバイスを送っていた。十日町地域地場産業振興センターでは、十日町市の農産品や食材の年間売上を数年以内に1億円にすることを目標としている。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「パン&スイーツスタンプラリー」は3/27発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170314.JPG

 十日町地域消防本部は、十日町市松代地域で除雪作業中に流雪溝へ転落した高齢者の男性を救出したとして、8日、市内在住の男性3人に感謝状を贈った。

2月22日午前7時50分ころ、松代地内で除雪作業中の男性(84歳)が、後ろ向きに流雪溝に転落。近くで作業していた相沢公宏(あいざわ・きみひろ)さん(37)=写真右=が、流雪溝を流れる水の音が変わったことに気が付いた。相沢さんが振り返ると近くで作業していた高齢男性の姿が見えず、流雪溝の中を覗き込むと、男性が右手1本で流雪溝のフチをつかんで、顔まで水につかっている状態だった。

相沢さんは男性の腕をつかんで引き上げようとしたが、水の流れが速く1人では無理だと判断、周囲に助けを求めた。その声に気付き、近くで除雪作業をしていた鈴木誠一(すずき・せいいち)さん(64)=写真中央=が駆けつけた。そこに、たまたま車で通りかかった石塚一久(いしづか・かずひさ)さん(58)=写真左=も異変に気付き、3人で男性を引き上げた。救出された男性は軽傷だった。

最初に発見した相沢さんは「引き上げることができて良かったです。皆さんが居てくれたので助かりました」と話し、鈴木さんは「男性の命が助かって良かったと思います」とほっとした様子だった。石塚さんは「転落した男性は知っている人でした。助かって良かった」と笑顔を見せた。

十日町消防本部は「流雪溝の内側の網は絶対外さないように」と、あらためて注意喚起した。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「パン・スイーツ特集」は3/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170307.JPG

 3月3日から11日まで、十じろう1階ギャラリーで「とおかまちあるき作品展」が開催されている。

この作品展は十日町高校3年生11人が参加。まちなかを歩いき思い思いに撮影した写真約70点が展示されている。

プロジェクトリーダーの小林実来さん(十日町高校出身・新潟大学法学部3年)は、「かけがえのない3年間の高校生活と、今の十日町の姿を大切に残してほしい」という思いから企画したと話す。

写真を撮影した高校生たちには、撮影した写真を収めたポストカードアルバムが渡されている。作品展は毎日午前9時から午後10時まで(最終日は午後1時まで)。火曜は休館。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 エフエムとおかまちでは『平成29年第1回定例会(3月定例会)一般質問』の模様を、録音にて放送いたします。

■放送日時
平成29年3月6日(月)~8日(水)まで
午後7時~

■内容
質問者全員の放送を予定しています。ぜひ、お聴きください。

■その他
放送する時間帯の番組は一部お休みさせていただきます。ご了承ください。
一般質問の発言順、内容はこちら。
http://www.city.tokamachi.lg.jp/shisei_machidukuri/F071/1454068618122.html

★あなたの町の議会です。ぜひ、一度聞いてみて下さい。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170228_2.JPG

  十日町市は27日、常勤医師が見つからず、川西診療所の医師と非常勤医師により診療を続けていた国保松之山診療所で、4月から常勤医師による診療を開始すると発表した。

医師は安積隆(あづみ・たかし)氏(44)で専門は内科。京都大学工学部を卒業後、信州大学医学部を卒業、現在は東京都大田区の東邦大学医療センター大森病院に勤務している。

松之山診療所での安積医師の診療は、4月4日(火)から開始。毎週月曜から金曜、午前8時30分から午後5時まで、昼休みを除く時間で受け付ける。10歳未満の方についしては、他の医療機関で受診をお願いしたいとしている。

4月3日(月)の診療は、これまでどおり午後1時30分から4時30分まで、国保川西診療所の医師が対応する。

倉俣、室野の両診療所は常勤医師を引き続き探している。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170228.JPG

 十日町市は27日、㈱セブンイレブン・ジャパンと、高齢者等の支援に関する「十日町市あんしん見守り活動に関する協定」を締結した。

十日町市役所で行われた締結式には、関口芳文十日町市長と共に㈱セブンイレブン・ジャパン、オペレーション本部・新潟・北陸ゾーンの竹之内信也ゾーンマネージャー=写真左=や、市内のセブンイレブンの店舗オーナーらが出席した。

セブンイレブンの店員が、商品の配達やお客の来店時に、一人暮らしの高齢者や認知症の疑いがある人、障がい者、子ども等、様子がおかしいと判断した場合に、市に連絡をして関係機関が対応をするというもので、セブンイレブンが全国で338の自治体と協定を結んでいる。

県内では県とセブンイレブンが締結しているが、市町村としては十日町市が初。関口市長は「安心安全な街づくりのために優れたパートナーを得た」と意義を強調した。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170227_2.JPG

 NPO法人ネージュスポーツクラブ主催の第1回ボッチャ大会が24日に開催され、24チーム72名が参加した。

「ボッチャ」は重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、ヨーロッパが発祥と言われる。昨年のリオデジャネイロパラリンピックでは日本チームが銀メダルを取得し注目を集めた。

競技は個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があり、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり転がしたり他のボールに当てたりして、いかにジャックボールに近づけるかを競う。ボールを転がすには力もいらず、年齢性別を問わずに楽しめるのが特徴。

今大会は障がい者同志、障がい者と健常者、健常者同志など様々なチーム構成で行われた。新潟県立小出特別支援学校川西分校から参加した3年生のチームは、同じ学校の1年生チームに1回戦で敗れた。敗れた3年生の小堺琢矢さんは「力加減がこんなに難しいとは思いませんでした。力があり過ぎてボールが遠くまでいってしまった」と笑顔を見せていた。

第1回の大会はネェージュスポーツクラブに通う健常者のチーム、トレーニングAチームが優勝した。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

201702271.JPG 201702272.JPG

 農家レストランそばの郷Abuzaka(あぶざか、所:南鐙坂2132)の竣工式が、25日に行われた。

同店は、地元の農業法人が6次産業化を進めるために設立した㈱Aファーム(代表取締役 齋木正)が運営し、地元で採れたソバや野菜、お米を調理して提供する。

店長兼料理長は、ミシュランの星を獲得したこともある料亭で修行した、十日町市出身の弓削朋子(ゆげ・ともこ)さんで、提供される料理はそば&ハーフブッフェのスタイル。弓削さんは「今後十日町市を良くするためにも、十日町市の良い物を世界に発信していきたい」と想いを語った。

また本場イタリアのバリスタマエストロ、横山千尋さんが監修した蕎麦風味のコーヒーは、十日町の蕎麦の実を炒り、コーヒー豆とブレンドしている。横山さんは「窓から見える風景を楽しみながら時間をかけてコーヒーを味わう人のために、時間の経過と共に蕎麦の風味が増すように工夫しました」とコーヒーの味に自信を見せた。

店内は白を基調とした和モダンで落ち着いた内装となっており、大きくとられた窓からは夏なら田園風景と越後三山が一望できる。グランドオープンは3月7日火曜日。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20170221.JPG

 十日町きもの女王コンテスト2017が19日、クロステン大ホールで行われ、6代目となる十日町きもの女王3人が決定した。

新たに十日町きもの女王に決定したのは、神奈川県柏崎市在住の保坂美和さん(ほさか・みわ、20歳、市内新座第4出身)=写真左=、柏崎市在住の品田涼花さん(しなだ・りょうか、21歳、柏崎市出身)=写真中央=、東京都府中市在住の井口萌子さん(いぐち・もえこ、19歳、新潟市中央区出身)=写真右=の3人。書類審査を経て12人が本選会に出場。自己PRスピーチを行い審査員の質問に答えた。

コンテスト終了後の記者会見で、保坂さんは「ホームページやサイトに載っていないことを、十日町市出身だからこそ伝えられると思う。地域の人がとても温かいことや、ご飯がおいしいことも宣伝していきたい」、品田さんは「十日町市民の皆さんの優しい人間性を多くに人に知ってもらいたい。市民の皆さんと一緒に世界中に十日町の良さを知ってもらいたい」、井口さんは「東京に住んでいるということを生かし東京の人に十日町を知ってもらえるように頑張りたい」と今後の抱負を語った。

選ばれた3人のきもの女王は、これから来年の雪まつりまでの1年間、十日町市の観光親善大使として市内外のイベントに参加し十日町をPRしていく。


【PR】
●スマホでラジオ!エフエムとおかまちはインターネットラジオ始めました!(7/11~)
オラドコマガジン「新生活&住宅&KIRIN特集」は1/30発行!
十日町・津南のライブカメラ
十日町市の子育て情報満載!「めごめご.net」
十日町市の出会いイベント「ハピコン」情報はコチラ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

▼TOPページを表示

logo.gif

2017年3月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ