第100回全国高等学校野球選手権新潟大会が16日、新発田市五十公野公園野球場などで四回戦を行った。十日町は白根と対戦し、1-11(7回コールド)で勝利し、ベスト8・準々決勝に勝ち進んだ。準々決勝から会場はハードオフエコスタジアム新潟。相手は加茂暁星。21日午前11時から予定。

十日町 210 021 5 =11
白 根 000 100 0 =1
(投)十日町:馬場友→長井、白根:有沢→鏡 

■準々決勝
十日町-加茂暁星
21日 ハードオフエコスタジアム新潟 午前11時開始予定

※雨天等により順延になる場合があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第100回全国高等学校野球選手権新潟大会が16日、新発田市五十公野公園野球場などで三回戦を行った。十日町は新潟商と対戦し、3-5で勝利し、四回戦ベスト16に勝ち進んだ。

新潟商 110 000 001 =3
十日町 000 302 00× =5
(投)新潟商:桐生、十日町:中町→長井 

■四回戦
十日町-白根
18日 五十公野公園 午後0時30分開始予定

※雨天等により順延になる場合があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第100回全国高等学校野球選手権新潟大会が12日、長岡市悠久山野球場などで二回戦を行った。十日町は柏崎常盤・柏崎総合・久比岐連合チームと対戦し、0-7(7回コールド)で勝利し、三回戦に勝ち進んだ。

常・総・久 000 000 0 =0
十日町 202 100 2× =7
(投)十日町:中町 、常・総・久:村山→滝沢

■三回戦
十日町-新潟商
16日 五十公野公園 午後0時30分開始予定

※雨天等により順延になる場合があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180711-2.JPG

 越後妻有防災ネットワーク協議会が主催する「越後妻有防災プログラム2018」が、6月30日に小中一貫校・まつのやま学園で開催された。

 防災に対する意識を高めることを目的とした内容で、防災士による講演のほか、濃煙・消火訓練や起震車体験など、災害時の対応を実際に体験する「体験プログラム」と、災害時の映像を見ながら対策を学ぶ「授業プログラム」を行った。

 まつのやま学園の全児童と生徒、保護者や地域住民らも参加し、班に分かれて様々な体験をした。

 模型を使って土石流の仕組みを学ぶプログラムに参加した生徒は「(土砂が流れる様子を見て)川の近くに家があると危険なんだと思った。ダムがあると土砂が流れてこなかったのですごいと思った。土砂災害が起きそうになったら川から離れるようにしたい」と感想を話した。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180711-1.JPG

 全国森林組合連合会の総会が6月26日に開催され、新会長に新潟県森林組合連合会会長の村松二郎県議(63)=十日町市・中魚選挙区=を選出した。1日、十日町市内で記者会見を開いた。

 辞職に対し村松氏は「私を育ててくれた、私を選んでくれた十日町市民に対し、申し訳ないとしか言いようがない。全森連会長が重責だからでなく、県議がとても重責。会長としてやらなくてはいけないことが増え、県議として動けなくなることを恐れ、辞職願を出した。私をこれまで育ててくれた感謝の気持ちは忘れない。これから果たしていくべき仕事、このことを絶対に誠心誠意取り組むことでご理解いただきたい」と話した。

 会長を目指した思いについて村松氏は「2018年度の税制改革で森林環境税が創設され、日本中の市町村を通じて約200億円が配られることになっている。この使い方が全く決まっておらず、これから決める一番大事な時期だった。総理や農林水産大臣にも会議で話ができるようになれる。その一番の変わり目でなりたかった」とした。

 新潟県は森林面積が全国で6番目だが、木材生産量は全国で37番目。「本当に課題が多い。境界がわからない、担い手がいない、木材の価格が安い、森林組合の合併が進まず力が弱い。材木屋規模も全国指折りの小ささ。日本の森を再生していくためには、私のような力の無い地域から出る者がその状況を知りつつ、新しいルールを作っていく、自分なりの提案をしていきたい」とし、「しかし力を持っていて伸びていく地域のためにもしっかりとやっていかなくてはならない。世界と戦っていかなくてはならない。日本に戦っていく資源が少ない中、森林は大きな競争力を持っている。これを活かして世界と競争していけるような仕組みに持っていくために働かせていただきたい」と抱負を語った。

 辞職願は13日の県議会6月定例会最終日に承認される見通し。全国森林組合会長は1期3年。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180709-41.JPG 20180709-42.JPG

 初開催の昨年、大きな話題となった「松之山DINING in 美人林」(松之山温泉合同会社まんま企画・主催)が今年は7日、8日の週末二日間で開催された。

 松之山が誇るブナ林・美人林に特設レストランを設ける試みで、各日30名の定員は早々に満席になる人気だ。

 料理をふるまったのは『人生を変える世界のトップレストラン10』の一つに選ばれた「TAKAZAWA」高澤義明シェフと、パン作りの常識を変え多くのトップシェフから高く評価されている「Signifiant Sifnifie(シニフィアンシニフィエ)」志賀勝栄シェフの二人。

 高澤シェフは父親が松之山の浦田集落出身、志賀シェフは松之山の三桶集落出身ということで、二人とも松之山にゆかりがある。

 使用される食材の9割が妻有・松之山のもので、松之山温泉の熱で低温調理した肉料理や、地元で捕れたイノシシを使った生ハム、温泉成分を練りこんだパン、温泉でウォッシュしたラクレットチーズなど、さまざまな食材と料理がコース形式で提供された。料理に合わせる飲み物も十日町地ビールの妻有ビールや、地酒、ワインなどが用意された。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

_MG_3610.JPG

 全国の町長の中では最年少の31歳という若さの桑原悠氏が9日、津南町役場に初登庁した。

 午前8時30分ころ役場前に到着し、職員と地域住民に拍手で迎えられた。役場内へ向かう途中で職員から花束を渡され、笑顔の初登庁となった。

 町長室に入り、椅子に座った桑原町長は「責任感でいっぱいです」とコメント。その後、職員訓示を行い、松尾芭蕉が見出した理念『不易流行』になぞらえ「残すべきものは残し、変えるべきものは変える。変化を恐れず挑戦し続けることで町は存続する。副町長、教育長をはじめ、チームの力で町政をグッと前に進めさせていただきたい」と話した。

 桑原氏は町民に対してオープンな姿勢で臨むとし、町長室に地図が広げられるほどの広いテーブルや子供が遊べるキッズスペースを設け、「町民がいつでも来られて、町長と話せるような環境を作った。また、若手職員なども課長部長を通さずダイレクトに町長と話ができるようにしていきたい」と語った。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

 第100回全国高等学校野球選手権新潟大会が9日、長岡市悠久山野球場などで1回戦を行った。松代・堀之内連合チームは新発田農業と対戦し、0-7(7回コールド)で敗れた。十日町総合は柏崎常盤・柏崎総合・久比岐連合チームと対戦し、12-5(7回コールド)で敗れた。

松代・堀之内 000 000 0 =0
新発田農   102 030 1× =7
(投)松代・堀之内:高野、新発田農:松本

常・総・久  001 112 7 =12
十日町総合 200 120 0  =5
(投)常・総・久:村山→滝沢、十日町総合:水落→飯田

■2回戦
十日町-常・総・久
12日 みどりと森の運動公園 午後0時30分開始予定

※雨天等により順延になる場合があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180709-1.jpg

  第45回新潟県消防協会十日町地区支会ポンプ操法競技会が8日、十日町地域消防本部駐車場で行われ、十日町市消防団の各方面隊、津南町消防団の代表が集まり日頃の練習の成果を披露した。

 今回は小型ポンプ操法が行われ、十日町地区の予選会を1位で突破した十日町方面隊第1分団袋町チームが見事優勝を飾った。

 小型ポンプ操法は補助員を含む5人編成で、長さ20メートルの巻かれたホース3本を伸ばして連結し、標的に放水し水圧で打ち抜く(競技会では放水なし)。迅速性、安全性、正確性を競う競技。


■総合順位(総合点・タイム)
1位 十日町方面隊第1分団 袋町 75.75点(45.37秒)
2位 十日町方面隊第10分団 南鐙坂 74.50(46.28)
3位 中里方面隊第1分団 田沢本村(ほんそん) 71.25(44.69)
4位 津南消防団第4分団 岡 68.75(42.88)
5位 川西方面隊第3分団 野口 60.25(45.53)
6位 松之山方面隊 方面隊選抜 59.50(47.56)
7位 松代方面隊第2分団 選抜 48.75(50.18)

■個人賞
指揮者 十日町方面隊第10分団 南鐙坂 柳 和浩
1番員 十日町方面隊第1分団 袋町 関口 多聞(たもん)
2番員 十日町方面隊第1分団 袋町 上村 啓祐
3番員 十日町方面隊第1分団 袋町 三輪 義人



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

20180703-1.JPG

 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018のオープニングを飾るコンサート、『小林武史:交響組曲"円奏の彼方(Beyond The Circle)"~based on 柴田南雄"ゆく河の流れは絶えずして"~』に向けて、同作品の作曲・プロデュースを手がける小林武史と、コーラス隊として参加する地元コーラスグループによる事前練習が、2日に行われた。

 同曲は、小林武史が新たに書き下ろした8楽章からなる交響組曲。鴨長明の随筆『方丈記』をもとに、作曲家・柴田南雄が制作した交響曲"ゆく河の流れは絶えずして"をベースに、小林が作曲した。安藤裕子、桐嶋ノドカ、Salyu、TOKUらのアーティストと共に、寺岡清高指揮のオーケストラが演奏する。

 地元コーラスグループは、ゴスペルグループ「雪の華」、コーラスライン、がちょうの会などが参加。男性、女性に別れ、小林武史から歌唱指導を受けながら、各パートを練習した。小林が作詞し、新潟、十日町といった言葉も登場する。

 先日の大阪での地震発生時は京都に滞在し、大きな揺れを感じたという小林は「激しい日も、凪のような日も、雨の日も、雪の日もあって、どんな事が起こるかわからない。今回の地震で新潟とのつながりも感じた」、「自由に聴いて感じてもらいたいのが前提。どの首相でもお金や経済、景気が第一が常だが、地域の中の皆さんの営みが連なって社会ができているのは間違いない。豊かに生きている人たちがいることを大切にしてほしい」と思いを語った。

 コンサートは7月28日(土)、29日(日)の二日間。16:00開演。会場は越後妻有文化ホール「段十ろう」。全席指定。前売り ¥5,000( 税込) / 当日券 ¥6,000( 税込)。チケットは各種プレイガイドで販売中(チケットぴあ、ローチケ、イープラス、楽天チケット)。



<一般>
前売り ¥5,000( 税込) / 当日券 ¥6,000( 税込)
※当日券をご購入の場合でも大地の芸術祭パスポートを持参で¥5,500( 税込)
<小・中・高・専・大学生>
前売り ¥4,500( 税込) / 当日券 ¥5,500(税込)
※当日券をご購入の場合でも大地の芸術祭パスポートを持参で¥5,000(税込)
※全席指定
※入場年齢制限: 未就学児入場不可
※枚数制限: お一人様4 枚まで

http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20189728_0729




このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Check

人気ブログランキングへ 十日町・津南、郷土のニュースを応援クリック!

▼TOPページを表示

logo.gif

2018年7月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

▼読者登録&フォロー

rss2_1-07.png iconsetc-promo-twitter17.png

▼youtube&ustream

Youtube ustream

▼フリーペーパー

▼リンク

▼携帯で読む

▼運営者

top4.gif

▼エフエムとおかまちのTwitter

アーカイブ